顎関節症治療

顎関節症とは

顎関節症は、顎の関節部分に問題が生じる症状です。
具体的には、顎の関節を支える関節円板が前方にずれることで、顎を動かす際に痛みや違和感が生じます。
この関節は、口を開けたり閉じたりする際に重要な役割を果たしており、顎関節症になると、
口を開けるときに痛みがあったり、顎がカクカクと音を立てたりすることがあります。

また、顎の動きがスムーズでなくなることもあります。
この症状は、ストレスや不正咬合、過度の口の動きなどが原因で起こることが多く、
顎関節症は年齢性別問わずに見られる一般的な問題で、
適切な治療を受けることで改善が期待できます。

顎関節症は放っておいてもいいの?

顎関節症を放置すると、症状が悪化し、日常生活に支障をきたす可能性があります。
例えば、痛みや不快感が増し、食事や会話が困難になることがあります。
また、放置することで歯ぎしりや歯ぎしりによる歯の損傷が進行する可能性もあります。
そのため、早めに歯科医師に相談し、適切な治療を受けることが重要です。

治療におけるメリット

  • 痛みの軽減 

    マウスピースは顎の位置を適切に調整し、関節にかかる負担を軽減します。これにより、顎関節の痛みやこわばりが和らぎます。

  • 噛み合わせの改善

    不正な噛み合わせを矯正することで、顎の動きがスムーズになり、日常生活での不快感が減少します。

  • 非侵襲的治療

    手術を伴わないため、リスクが少なく、回復期間も短いです。また、使用をやめれば元の状態に戻るため、体への負担が少ないです。

治療におけるデメリット

  • 継続的な使用が必要 

    マウスピースは、効果を持続させるために毎日の使用が必要です。使用を怠ると、症状が再発する可能性があります。

  • 初期の違和感

    使用初期には、マウスピースの存在感に違和感を感じることがあります。しかし、多くの場合、この感覚は時間とともに減少します。

  • 定期的な調整が必要

    顎の状態に合わせてマウスピースを定期的に調整する必要があります。これには、定期的な歯科診察が必要となります。

顎関節症の治療には個人差があり、すべての患者にマウスピースが適しているわけではありません。
治療を始める前に当院へご相談頂き、適切な診断と治療計画を立てることが重要です。
マウスピース治療が適切な選択肢であるかどうかも含め、治療を検討していきます。

なかじま歯科クリニックに
お気軽にご相談ください

事前にしっかりとご相談の上、
最適な治療をご提案します!

当院は4つのポイントで
患者様に安心・安全を提供します

1:精密な制作工程
患者様の口腔内を詳細に測定し、そのデータを基にマウスピースを製作します。
この方法により、従来の型取り材を使用する方法と比較して、より正確でフィット感の高いマウスピースを提供することが可能です。

2:マウスピース素材の選定
柔軟性と耐久性に優れた「エチレン酢酸ビニール」や「ポリエチレンテレフタレート」を主に使用しています。
患者様のアレルギー歴や噛み合わせの状態、治療の目的に応じて、最適な素材を選定します。これにより、快適さと効果を最大限に引き出す治療を実現します。

3:多様なデザイン
夜間専用のマウスピースから、日中も含めて使用できるデザイン、さらには運動時の顎の負担を軽減するためのマウスピースまで、様々なニーズに対応する製品を提供しています。
患者様のライフスタイルや具体的な症状に合わせた最適なマウスピースを選択できます。

4:オンリーワンのカスタマイズ
特に当院の強みは、患者一人ひとりの顎の形状や具体的な症状に合わせて、完全にカスタマイズされたマウスピースを提供することです。これにより、一般的な治療法では得られない、より効果的な治療結果を期待できます。

患者さまの声

女性/40代後半
20代の頃には大好きなハンバーガーを思う存分食べられたのに、
最近は口を大きく開けることができず、悩んでいました。
マウスピースを使い始めてから、
20代の頃のように大きく口を開けてハンバーガーを楽しむことができるようになり、
本当に嬉しいです。

よくあるご質問

Q1: 顎関節症とは具体的にどのような状態を指しますか?

A1: 顎関節症は、顎の関節やその周囲の筋肉に痛みや機能障害が生じる状態を指します。
開口障害や顎の痛み、顎がカクカクと音を立てるなどの症状があります。


Q2: 顎関節症の原因は何ですか?

A2: ストレスによる歯ぎしりや食いしばり、不正咬合、外傷、
遺伝的要因など多岐にわたります。


Q3: 顎関節症の治療方法にはどのようなものがありますか?

A3: マウスピースの使用、薬物療法、物理療法、ストレス管理、
場合によっては手術などがあります。


Q4: マウスピース治療はどのように効果がありますか?


A4: マウスピースは顎の位置を調整し、関節への負担を軽減することで症状の改善を図ります。


Q5: 顎関節症の治療にかかる期間はどのくらいですか?

A5: 個人差がありますが、数週間から数ヶ月の治療が一般的です。
重度の場合はより長い期間が必要なこともあります。


Q6: 顎関節症の治療中に注意すべきことはありますか?

A6: 硬い食べ物を避ける、適切な休息を取る、定期的に歯科医師の診察を受けるなどが重要です。


Q7: 顎関節症の治療費はどのくらいかかりますか?

A7: 治療方法や治療期間によって異なりますが、初診料、マウスピースの製作費、
フォローアップの診察料などが含まれます。


Q8: 顎関節症の治療後、再発することはありますか?

A8: 再発の可能性はありますが、適切な治療と予防策を続けることでリスクを低減できます。

定期的なフォローアップが推奨されます。

【話す】ことから当院の診療は始まります。

二子玉新地にお住いの方で口内のことでお困りでしたらお気軽にご相談ください。

pagetop